黒酢にんにくで健康革命~体内ケアでイキイキ生活~

友人

美味しく飲もう

ジュース

薬ではありません

野菜不足を解消することが出来るとして古くから人気を集めているのが、青汁です。青汁と一口に言っても、原料などに違いがあり、味に違いが見られる場合があります。青汁を購入する際には、原料にも注目をするようにしましょう。青汁は、医薬品ではありません。そのため、飲んだからと言ってすぐに何らかの効果を得ることが出来るというものでもありませんので、注意が必要です。また、同じ時間帯に飲む必要はありませんが、毎日続けることが大切ですので同じような時間帯に飲む習慣をつけたほうが、飲み忘れることを防ぐことが出来るでしょう。青汁を飲み、下痢や便秘、発疹などが見られた場合には、飲むのを中止し、症状がひどい場合には医療機関を受診するようにしましょう。

飲みやすくすることも可能

青汁の原料として一般的なものは、ケールや大麦若葉、明日葉などがあります。大麦若葉は、ビタミンやミネラルなどがバランスよく含まれているとされています。そして、ケールはキャベツの一種であり、一年中栽培することが出来るほど生命力が強いのが特徴で、栄養価が非常に高いという特徴があります。古くからあるメーカーでも、ケースを原料として青汁を製造しています。明日葉は、ケールや大麦若葉に次いで、注目されている青汁の原料です。胃酸の分泌を抑え、胃の働きを整える効果があるとされているカルコンが含まれているという特徴があります。クセがある場合でも、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどの乳製品やジュースなどに混ぜると読みやすくなります。